『空⾶ぶいちごハウス』として⼈気を誇るグリナリウム淡路島では、今作よりココカラ ココピートグローバッグ(TP2)を導⼊し、この春初の収穫シーズンが到来。

 

農業における持続可能性の実現を⽬指し、施設園芸向け有機培⼟ココピートの製造販売するココカラ合同会社(本社:東京都中央区、CEO :⼤原秀基 以下ココカラ)は、『グリナリウム 淡路島』を運営する株式会社淡路の島菜園(本社:兵庫県淡路市/代表取締役社⻑:⼤森 ⼀輝) での「ココカラココピート グローバッグ(TP2)」導⼊後、初の収穫シーズンを迎えました。
ココカラでは定植後のアフターサポートに⼒を⼊れており、⽣産者の皆様と共に品質や安定収量の確保を⽬指しております。この度、2020年初導⼊からの栽培の様⼦をインタビューし、導⼊事例として公開いたしました。今後は、ココカラココピートを通し、⾼い⽣産性の追求のみならず、劣化した農地を回復させ⾃然そのものを循環できると考え、農業法⼈様や⽣産者様との栽培環境別の事例を順次、公開してまいります。

 

cococaRa greenatrium

 

■ココカラ ココピートの開発背景にある「農業の課題」

 

⽇本の農業は、多くの問題を抱えています。 その最たるものが農業⼈⼝の減少です。私たちは、「これからの農業の形」には、収量の安定性の実現が課題解決の第⼀歩であると考え、「園芸培⼟(培地)」に着⽬しました。施設園芸など養液栽培において、培⼟は栽培の要の⼀つで、ココピート、ロックウール、 ピートモスの3つが主流です。中でも環境に優しいココピートは、 ヨーロッパなどの約80%の施設栽培で取り⼊れられている背景から、⽇本初の「⾼い保⽔性、優れた排⽔性も兼ね備えた、粒⼦が均⼀な⾼品質なココピート」の⽣産、および、栽培データ活⽤によるノウハウ開発によって作業効率化を実現。今後、農業がもっとラクになるような社会を⽬指していきます。

 

■3つの特性

 

  1. 施設園芸には利便性が重要。これまでのココピート栽培課題、「均⼀性と安定性」の⾼い有機培⼟へ
  2. 南インドR&D拠点では労働環境を考慮、SDGs課題解決に繋がる開発体制基盤を創造
  3. サステナブルな製品デザインで、廃棄コストや⼊替作業コストも減らし、⽣産者の経営をラクに

 

cococaRa ココピート

 

■ココカラココピートの導⼊にいたるまで

 

弊社では、無機培⼟のロックウール(※)から、他メーカーのココピート、そして「ココカラ ココピート」という流れ で導⼊いたしました。まず弊社が採⽤していたのは、無機培⼟のロックウールでしたが、廃棄コストが年々上がっており 、1000㎡ 程度の圃場⾯積に必要な培地量の廃棄費⽤は、10万円程度もかかってしまいました。それに対し、有機培⼟コ コピートの処理⽅法は畑にすき込むなど再利⽤ができるため、環境に優しく廃棄コストゼロであることが魅⼒です。その ため⼀昨年までは他のココピートに切り替えました。今年度、ココカラココピートへの切替え理由は、これまでのココピートに⽐べ年⽉が経過するに従い底が粘⼟化せず、排⽔性が⾼く維持が可能で、使⽤年数が伸びる点が優れていたからです。
 
cococaRa ココピート
 
ココカラ 有機培土ココピート導入事例はこちらをご覧ください。
URL: https://cococara.jp/20210315-01/

(※)ロックウール については、詳細はこちらをご覧ください。
URL: https://cococara.jp/20191014-01/

 

導⼊先:「GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島)

 

greenatrium

 

グリナリウム淡路島には、神⼾から30分、⼤阪から1時間という関⻄圏から好アクセスのいちご狩り観光スポットがあります。施設内にレストラン&カフェを併設し、農業のプロと外資系ホテルで修⾏を積んだシェフがここだけでしか味わえ ない料理を提供。まるでいちごが宙に浮いているような、「空⾶ぶいちごハウス」と呼ばれるグリナリウム独⾃のいちごハウスは、世界でも珍しい上下に動く可動式タイプの棚が設置されています。また、この春も開催中の、旬のいち ご狩りイベント「いちごピクニック」では、ハウス内の摘み取りエリアで収穫したいちごを量り売りで購⼊後、いちごが 空を⾶んでいる光景を⾒上げながら、ラグやテーブルを囲み、ピクニック気分が楽しめます。詳細は以下をご覧ください。

 

| URL:https://www.greenarium.jp/strawberry-picnic
| Movie : https://youtu.be/t6u-Q-DK9P4

 

■Brand Story

 

cococaRa

ココカラは、深刻化する世界の⾷料問題に対し、「農業をもっとラクに」することを ミッションに、⽇本⼈の⼤原秀基とインド⼈物理学者のアルール・ムルガンが創業。農業・施設園芸分野の、『少ない⼈数で、収穫量を上げる』ため、テクノロジーを活 ⽤した⾰新的な有機培⼟開発、劣化した⾃然を蘇らせ、農業の労働環境の改善を⽬指 します。世界最⼤のココナッツ産地の南インドのR&D拠点から、最⾼品質を選定し、 化学的物質不使⽤のココピート製品を世界へ届けています。サステナブルなアグリテックカンパニーとして国際的な事業基盤を創造し、社会価値・顧客価値を提供してまいります。

 

 

 

cococaRa

PressRelease 詳細はこちらよりご覧ください。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000077156.html

 

PAGE TOP