2020年、コロナによる急激な社会変容が起きました。弊社にとっても、私にとってもこれまで以上にお客様との会話にも力づけられる日々でした。

ココカラココピートを多くの方に知ってもらえた2020年

ココカラは、今年度、事業をスタートし5年となりますが、お陰様でココカラココピートを採用していただける生産者様が増え続けています。

特に2020年後半は、生産者様だけでなく、施設園芸業界トップシェアのハウスメーカー様や種苗会社様より「最近、取引先で、ココカラのロゴマークをよく見かけます。」というお声を頂くこともでき、嬉しく受け止めております。

製品の動きとしては、インドの開発拠点では、定植用のグローバッグの改良に加えて、育苗用のココピートのご要望があり、現在より良いものへのリクエストにお応えできるように開発テストを進めています。

2021年も課題に向き合い、農業の持続可能性を高める

ココピートのご提案をさせていただく我々は、ココピートから始まる「環境に優しい農業」の情報発信に力を入れていきます。

ココピートは再利用・再使用ができ、廃棄コストを大幅に下げることができる一方で、「排水」による環境汚染の課題など、まだ改善すべき課題があります。排水に含まれた、農薬や肥料は、土壌に残留し、地下水や海水へ流れ込むため、土壌や周囲の環境に悪影響を及ぼし、持続的な農業を困難にさせます。

ココカラではこういった課題を解決するために、昨年より、インドのR&Dチームを中心に、ココピートと微生物の関係性をテーマに研究を進めております。微生物をココピートに混入することで、肥料の使用を減少を可能にする、新たなココピートの製品開発です。ココピートによるイノベーションはまだまだこれから重要性を増していくと考えております。

また、労働生産性の向上においては、AIを活用したロボット技術のほか、植物や作物の生産量を増加させる大きな可能性として、ナノ粒子技術にも注目しています。

海外物流のエキスパートがお客様の安心を強化

世の中の大きな変化が訪れ、海外物流においても度々予期せぬ状況が発生した2020年。2021年はロジスティクス部門の体制を強化しました。物流のエキスパートを増員し、製品を納期通りにお届けします。

コロナ禍における不測の変化に対しても、安心・安全を第一に、スピード感ある成長戦略を実行してまいります。

お客様へのお約束

ココカラは、ココヤシの世界最大の産地であるインドでココピートの商品開発・製造・品質管理を手掛ける日本でも数少ない会社です。最高品質のココピートを、日本、そして世界へ届けすることをお約束します。

これまで以上に、みなさまへ安心・安全をお届けしていく所存です。2021年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

PAGE TOP