謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り、心からお礼申し上げます。

高品質なやしがら培土のニーズ拡大

 

ココカラ インド やしがら

 

ココカラは、今年度、事業をスタートし、7年目を迎え、昨年もお陰様で多くの生産者様にココカラのコイアピットを採用いただきました。初品目であるリーフレタス栽培へのコイアピットが採用されました。

これまでになく顕著な変化を感じておりますのは、「より高品質なコイアピット」を求める生産者様からのお問い合わせの増加です。ニーズ拡大に対し、今年は、全国の中小規模の生産者様へもお届けできるよう地場の代理店との協業の仕組み作りに着手してきます。

 

 

コイアピットがスポーツ選手の健康へ寄与

 

コイアピット スポーツ選手

 

2021年はオリンピックイヤーでした。サッカーのグラウンドの環境配慮型の人工芝用充填材として、ココカラのコイアピットが採用されました。人工芝用充填材にはゴムチップが使われることが多く、コスト面や埃が出ないなどのメリットがあります。しかし、風雨などでピッチ外へ流出してしまうとマイクロプラスチックとして環境へ放出されてしまう恐れもあります。人工芝の耐久性を上げ、緩衝層を作ることでクッション性を持たせ選手の膝や腰など体への負担を軽減につながります。ココカラとしてはコイアピットの新境地として、天然資源を活用し、循環して再活用する社会を作っていきたいと考えています。

 

 

ココカラ、ジェトロ「アジアDX等新規事業創造推進支援事業費補助金」に採択、
インドのココヤシ農家向けナレッジマネジメントプログラム提供開始

 

banner-jetro-dx

 

やしがら培土の原材料となるココナッツを生産するココヤシ農家には大きな課題があり、それは、ココナッツ製品(ココナッツオイル、ココナッツジュースなど)の市場が大きいため、特に中小のココヤシ農家は1日に販売できるココナッツの量が少なく、ココナッツの数をまとめる必要があるため仲介業者を通さないと販売できない産業構造になっていることや、農家の資金不足も要因として、十分な知識や技術の育成が進んでいない事です。

これは3つの点で改善余地があり、1つ目は、原材料調達を担う仲介業者を通さなくてもココピート産業へ参入できる仕組みがないこと、そのため、仲介業者へ少ないマージンでココナッツやハスク(ココナッツの殻)を販売し、低所得層から抜け出せないこと、2つ目に、ココヤシ農家が産業全体を見通せず、原材料となる可能性のあるハスクもCO2排出が問題視される焼却処理を現在行なっており、地球環境保護の観点からも大きな損失となっていることです。

 

このような状況改善へ向けた第一歩として、良質なやしがら培土となる原料選定基準など、農家の知見を引き上げる事が必要です。

実証地域は、ポンデシェリー連邦直轄領及びタミルナドゥ州マラッカナム村、カダロール村、パンルチ村、セーラム村、ポンデシェリー中心部から、20-50kmほどの距離に位置する上記の村です。インド側協力会社と共同開発するスマートフォン用アプリケーションでココヤシ農家に教育を行います。

長期的に外部から既存ココヤシ農家のリテラシーを高めることにより、これまでの中間業者との不利な取引から脱し、ココカラが保有する生産工場との直接取引を目指しております。

 

この活動によって、インドでものづくりに携わる農家のスキルだけでなく、品質に対する意識、インドのものづくりを世界基準へ引き上げていき、Made in Indiaに対してよりよいイメージをもっていただき、日本のお客さまへ安心して製品を提供できることを目指します。

ココヤシ農家向けナレッジマネジメントプログラム提供が、雇用拡大、事業者への良質な原材料の安定的供給、そしてインド国内のやしがら培土産業の発展へと続き、農業に携わる人々の就業環境の改善などにも広くインパクトをもたらすことができると期待しております。

 

 

未来を見つめて、後世における農地環境保護、栽培知識、新たな働き方の提案

 

インド ココヤシ農家

 

ココカラは、ココヤシの世界最大の産地であるインドでやしがら培土の商品開発・製造・品質管理を手掛ける日本でも数少ない会社です。長期的目標として、アジア地域や中小規模の方へも届けることと同時に、「人」の働き方への変化や発展へ寄与できる存在になることこそ、ココカラの根源にあります。生産者皆様から教わることばかりで、製品を大切にしていただけている声をお聞きするたびに感謝の思いです。

昨年から新メンバーも増員し、インドのプロジェクト協力メンバーとも喜びを共有し、グローバルベンチャーとして成長の糧としてまいります。私たちは、これまで以上にみなさまへ安心・安全に高品質なコイアピットをお届けしていくよう尽力することをお約束いたします。

本年も変わらぬご愛顧のほど、お願い申し上げます。

PAGE TOP