MEDIA

AGRI ROBOT

01 June 2020

自走式防除機“ロボットスプレーカ”とは

施設園芸では、露地栽培に比べて高温多湿になることが多く、病害虫が発生しやすい環境です。また収量を確保、安定した品質の農産物を生産するためには、防除作業は…

 

Read more >>

COCOPEAT

22 May 2020

cococaRa製品が労働力削減を助ける

ココピートを含めた園芸用の培地は、数年ごとに交換が必要です。隔離培地の場合は2〜3年、高設栽培等で使用するココピートの場合は、毎年補填し5年で全部に新しい…

 

Read more >>

COCOPEAT

02 May 2020

新型コロナウィルスの影響によるココピートの供給は大丈夫?

新型コロナウィルスが世界的に感染拡大し、3月より多くの国でロックダウン(都市封鎖)措置が取られています。ココピートの生産拠点であるインドやスリランカも…

 

Read more >>

SAVE WATER

01 May 2020

【入門編】排液処理・再循環システム

近年農業分野において、「環境への配慮」がテーマとして挙がることが多々あります。施設園芸分野においても、養液栽培で使用した排液の循環や二酸化炭素の排出量削減…

 

Read more >>

RECRUIT

21 April 2020

リクルート

好奇心が強い、新規事業を立ち上げたい、インドが好き、農業が好き、そんな些細なきっかけでも、ソーシャルマインドを持ち、国内農業企業や農家への営業、そして事業創出に興味のあるあなたの応募をお待ちしております!

 

Read more >>

COCOPEAT

21 April 2020

高設イチゴ栽培でのココピート培地管理法

日本におけるイチゴ栽培は、栽培ベッドを使った「高設栽培」と、土を活用して地面で栽培する「土耕栽培」に分かれます。ここでは高設栽培の特徴や、高設栽培と培地に…

 

Read more >>

STRAWBERRY

11 April 2020

いちご生産者ShimontaがcococaRa製品を使う理由

cococaRa製品を使っている生産者は、どのような方でしょうか?またどのような思いで営農し、どのような経緯でcococaRa製品を使っているのでしょうか?今回は2019年に…

 

Read more >>

COCOPEAT

01 April 2020

インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?③
サプライヤーで品質が変わる?

日本に輸入されるココピート関連の製品は、2000年以降8〜9割をスリランカ産が占めています。これは、タワシの原料としてココ繊維を…

 

Read more >>

COCOPEAT

22 March 2020

インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?②
価格差が生じる理由

日本に輸入されるココピート関連の製品は、2000年以降8〜9割をスリランカ産が占めています。これは、タワシの原料としてココ繊維を…

 

Read more >>

COCOPEAT

12 March 2020

インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?①
製造方法の違い3点

日本に輸入されるココピート関連の製品は、2000年以降8〜9割をスリランカ産が占めています。これは、タワシの原料としてココ繊維を…

 

Read more >>

COCOPEAT

02 March 2020

培地の使用時に考える「根」環境の大切さ③
微生物と根環境

健康な作物を栽培するためには、健康な「根」が必要です。そのため「根環境」を意識し、最適な状況にすることはとても大切です…

 

Read more >>

hortidaily

29 February 2020

Japanese strawberry picking farm goes sustainable with coco peat and ice cream.

Shimonta, located in Hamamatsu, Shizuoka prefecture of Japan, operates a poly greenhouse where they provide strawberry…

 

Read more >>

COCOPEAT

19 February 2020

培地の使用時に考える「根」環境の大切さ②
根環境とEC・pH

健康な作物を栽培するためには、健康な「根」が必要です。そのため「根環境」を意識し、最適な状況にすることはとても大切です…

 

Read more >>

COCOPEAT

09 February 2020

培地の使用時に考える「根」環境の大切さ①
酸素と根環境からみる灌水管理

健康な作物を栽培するためには、健康な「根」が必要です。そのため「根環境」を意識し、最適な状況にすることはとても大切です…

 

Read more >>

COCOPEAT

29 January 2020

ココピート製品の再使用③
1:1.5抽出法・処理時の活用方法

ココピート製品を養液栽培で使用した後に、次の作付けで「再使用」するか否か判断する必要があります。判断材料として、培地を分析する1:1.5抽出法があることを…

 

Read more >>

COCOPEAT

19 January 2020

ココピート製品の再使用②
効果的に再使用するための注意点

ココピート製品は、一作のみではなく何作も「再使用」される場合が多々あります。ココピート製品の再使用は、経済的にも環境配慮の側面でもメリットがありますが…

 

Read more >>

COCOPEAT

09 January 2020

ココピート製品の再使用①
再使用のメリットと確認するポイント

ココピート製品は、一作のみではなく何作も「再使用」される場合が多々あります。ココピート製品の再使用には、経済的にも環境配慮の…

 

Read more >>

COCOPEAT

30 December 2019

山積みココピートの「取り出し方」で品質が変わる!?

ココピート製品の品質は、山積みにされたココピートからの「取り出し方」でも変わることをご存知でしょうか?現地に工場があり、サプライヤーと密なコミュニケーションを…

 

Read more >>

COCOPEAT

20 December 2019

ココピート製品の「色」で特徴や品質を見分けましょう

ココピート製品の「色」について考えたことはありますか?ココピート製品を観察すると「黄色」「茶色」「黒色」と色の違いがあることがわかります。ではそれらの色は…

 

Read more >>

COCOPEAT

10 December 2019

製造工程からわかる!ココピート製品の品質
−インド・サプライヤー編−

ココピート製品の多くは、インドやスリランカで製造されています。現地サプライヤーから工場に運ばれるまでの「ココナッツ殻から…

 

Read more >>

COCOPEAT

28 November 2019

ココピート製品を選ぶポイント④
環境への配慮と製造工程

近年、世界的に「環境に配慮して農業に取り組む」ことが課題となっています。栽培方法だけでなく、使用する農業資材が製造される工程における環境負荷に関しても、理解し…

 

Read more >>

COCOPEAT

18 November 2019

ココピート製品を選ぶポイント③
製品サイズ・種類

ココピートは、栽培作物や栽培環境によって最適な製品が異なります。ココピート製品といっても、種類や使用目的、サイズ、形状もさまざまです。そこで、製品ごとの特徴や…

 

Read more >>

COCOPEAT

08 November 2019

ココピート製品を選ぶポイント②
品質

ココピート製品は、安定した養液栽培に不可欠な園芸培土(培地)です。しかし、残念ながら日本に導入されているココピート製品の中には、品質が良くないものがあることも…

 

Read more >>

COCOPEAT

30 October 2019

ココピート製品を選ぶポイント①
原材料の構成と栽培作物の関係

ココピートの園芸培土(培地)は、栽培作物ごとに最適な製品が異なります。特に留意する点は、原材料であるココヤシのハスク(中果皮)の粒の大きさの構成です。通常、粒は…

 

Read more >>

COCOPEAT

22 October 2019

有機培地ココピートとピートモスの特徴と使用上の注意点

施設園芸など養液栽培において、園芸培土(培地)は栽培の要の一つです。培地の種類は多様で、その中でもココピート、ロックウール、ピートモスがよく使われています。現在は…

 

Read more >>

COCOPEAT

14 October 2019

知っているようで知らない、ココピートとロックウールの違い

施設園芸など養液栽培において、園芸培土(培地)は栽培の要の一つです。培地の種類は多様で、その中でもココピート、ロックウール、ピートモスがよく使われています。現在は…

 

Read more >>

PAGE TOP