MEDIA

COCOPEAT

01 March 2021

ココピートのバッファリングによって起きている生産国での環境問題

ココピートに吸着した成分の不均一性を調整するために、前処理として、バッファリング・アク抜き・塩抜きがあります。ココピート製品の前処理は、安定した栽培や収量を得るために…

 
Read more >>

CUCUMBER

18 February 2021

【キュウリ導入事例】キュウリ部会内のグループで情報共有。ココピートを使った隔離栽培で結果は出せるのか 茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」vol.3

茨城県筑西市でキュウリを栽培し、共販出荷をしている3名が、…

 
Read more >>

CUCUMBER

02 February 2021

【キュウリ導入事例】ココピート培地でキュウリ栽培をするために準備すること。茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」vol.2

茨城県筑西市でキュウリを栽培し、共販出荷をしている3名が、隔離培地を使ったキュウリ栽培に取り組んでいます。…

 

Read more >>

CUCUMBER

19 January 2021

【キュウリ導入事例】ECの変化に気づかなかったら「ココピート最悪!」と思ったままだった。
茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」vol.1

茨城県筑西市でキュウリを栽培し、共販出荷をしている3名が、…

 

Read more >>

TOMATO

19 January 2021

事業継承に新しい風!浅小井農園2代目、関澤征史郎氏インタビュー

新規就農した農園とのグループ経営で効率の良い栽培、働き方を作り出す。2008年創業の「浅小井農園」(滋賀県近江八幡市)は、当時栗東市役所に勤務の松村務氏が、同市の産地生産拡大事業の…

 

Read more >>

TOMATO

05 January 2021

【導入事例】ココピートで作物の品質向上とSDGs目標を実現

ココカラココピートを使うトマトの生産者である浅小井農園株式会社では、ココピートの導入によって、トマトの品質向上だけでなく「持続可能でよりよい世界を目指す国際目標として…

 

Read more >>

マイナビ農業

25 December 2020

軽くて万能!天然の土壌改良材『ココピート』のおすすめ活用術

毎日の農作業で重要視しなければならないことの一つが作業性。無駄なく効率よく仕事すれば、余った時間を別のことに使うことができます。そんな中、作業効率をあげる天然の土壌改良材が…

 

Read more >>

COCOPEAT

05 December 2020

使用済みココピートの活用事例|畑地の作土量を増やし効果的に利用

使用済みココピート培地は、使用後に畑にすき込んで処理される場合が多々ありますが、実は、畑地の作土量を効率的かつ効果的に増やす活用方法もあります。今回は、使用済みココピート…

 

Read more >>

STRAWBERRY

20 November 2020

【イチゴ導入事例】入れ替え作業が3週間短縮!ココピートで女性にもやさしい職場に

cococaRaココピートを使っている生産者である長野県松本市の株式会社佐藤工務店 佐藤亮太さんは、約3年前からイチゴの高設栽培でココカラのココスラブ…

 

Read more >>

COCOPEAT

05 November 2020

ココカラココピートの活用事例|トマトの残さ処理で廃棄コストゼロへ

ココピートは、トマトの残さを自家処理し、コストを押さえることが可能です。トマト栽培では、さまざまな残さが発生します。葉茎などは悪臭があまりなく、手が空いた時に処理が…

 

Read more >>

COCOPEAT

24 October 2020

トマトの養液栽培には、ココピート・ピートモス・ロックウール?研究結果から紐解かれた特性比較

ヨーロッパや北米の施設園芸では、トマト栽培の95%で固形培地を使った養液栽培が適用されています。使用されている主要な固形培地は…

 

Read more >>

COCOPEAT

07 October 2020

ココピート培地でトマトの収量を上げる

トマトの養液栽培において、固形培地の選択は収量や品質向上を目指すための要です。せっかく、最適な灌水や施肥管理をしたとしても、そのパフォーマンスを最大限に活かせない培地で…

 

Read more >>

COCOPEAT

20 September 2020

トマトの収量を上げるための灌水と施肥

ココピート培地は、主に施設園芸で使用されています。国内の施設栽培面積のうち、トマト栽培が78%を占めており(施設園芸をめぐる情勢/農林水産省)10aあたりのトマトの収量は、…

 

Read more >>

COCOPEAT

05 September 2020

ココピート培地の養液栽培に最適なバイオスティミュラント資材とは

バイオスティミュラントとは、新しい農業資材のカテゴリーです。今回はバイオスティミュラントの基本情報だけでなく、バイオスティミュラントとしてのココピート資材の…

 

Read more >>

COCOPEAT

24 August 2020

土壌改良材とは
ココピート土壌改良材の特徴や使い方も

土壌改良材(正式には土壌改良資材)は、豊かな土作りのために不可欠な農業資材の一つです。またココピートも、土壌改良材として…

 

Read more >>

COCOPEAT

11 August 2020

ココピートの欠点を解決する前処理|バッファリングの基礎知識

日本に輸入されているココピート製品の品質は向上しており、使用する前に水につけてアク抜き・塩抜きが必要な製品は少なくなって…

 

Read more >>

Zero Emission

01 August 2020

ココピートで環境に配慮した
『ゼロエミッション』を実現する方法は?

オランダ温室園芸部門は、2027年に実質的に『ゼロエミッション』を達成することを約束しました。現在はこれを目標にさまざまな研究が…

 

Read more >>

Fossil Free Agriculture

21 July 2020

化石燃料ゼロ!
省エネでサステナブルな施設園芸を目指すためには

2018年にオランダでは、『2040年までに、施設園芸分野で化石燃料の使用をゼロにする』という目標が設定されました。化石燃料の…

 

Read more >>

COCOPEAT

11 July 2020

ココピートで女性の多様な働き方をサポート

2019 年のインド労働力調査によると、インドにおける就業率は、都市部では男性が53.0%なのに対して、女性は14.2%、また農村部では、男性の就業率が51.7%で…

 

Read more >>

AI in AGRICULTURE

01 July 2020

人工知能(AI)を活用した施設園芸
−キュウリ・トマト編−

将来的に、農業・施設園芸分野では『少ない人数で、収穫量を上げる』ことが課題になります。そのためにはロボティクスや、人工知能(以下AI)を活用して、データと…

 

Read more >>

Autonomous cultivation

21 June 2020

未来の園芸コンセプト“Autonomous cultivation(自律栽培)”

コロナウィルス禍において、世界中で接触の程度を減らす『フィジカルディスタンシング』が継続されています。また以前から…

 

Read more >>

SUSTAINABLE

11 June 2020

ココナッツ梱包資材で、さらにサステナブルに!

世界で収穫されたココナッツのうち、ココナッツ繊維はわずか15%しか有効活用されていません。特に成熟していない緑色(白色)の繊維については、ほとんど使われず…

 

Read more >>

AGRI ROBOT

01 June 2020

自走式防除機“ロボットスプレーカ”で農業をもっとラクに

施設園芸では、露地栽培に比べて高温多湿になることが多く、病害虫が発生しやすい環境です。また収量を確保、安定した品質の農産物を生産するためには、防除作業は…

 

Read more >>

COCOPEAT

22 May 2020

ココカラのココピートが労働力削減を助ける

ココピートを含めた園芸用の培地は、数年ごとに交換が必要です。隔離培地の場合は2〜3年、高設栽培等で使用するココピートの場合は、毎年補填し5年で全部に新しい…

 

Read more >>

COCOPEAT

02 May 2020

新型コロナウィルスの影響によるココピートの供給は大丈夫?

新型コロナウィルスが世界的に感染拡大し、3月より多くの国でロックダウン(都市封鎖)措置が取られています。ココピートの生産拠点であるインドやスリランカも…

 

Read more >>

SAVE WATER

01 May 2020

オランダ農業規制から日本の排液処理・再循環システムの今後を考える

今回は、ヨーロッパ特にオランダにおける排液に関する規制と、排液を循環させるための処理方法・浄化再循環方法についてご紹介します。日本でも今後、排液処理の規制が厳しくなっていく可能性…

 

Read more >>

RECRUIT

21 April 2020

リクルート

好奇心が強い、新規事業を立ち上げたい、インドが好き、農業が好き、そんな些細なきっかけでも、ソーシャルマインドを持ち、国内農業企業や農家への営業、そして事業創出に興味のあるあなたの応募をお待ちしております!

 

Read more >>

COCOPEAT

21 April 2020

高設イチゴ栽培でのココピート培地管理法

日本におけるイチゴ栽培は、栽培ベッドを使った「高設栽培」と、土を活用して地面で栽培する「土耕栽培」に分かれます。ここでは高設栽培の特徴や、高設栽培と培地に…

 

Read more >>

STRAWBERRY

11 April 2020

【導入事例】いちご生産者ShimontaがcococaRa製品を使う理由

cococaRa製品を使っている生産者は、どのような方でしょうか?またどのような思いで営農し、どのような経緯でcococaRa製品を使っている…

 

Read more >>

hortidaily

29 February 2020

Japanese strawberry picking farm goes sustainable with coco peat and ice cream.

Shimonta, located in Hamamatsu, Shizuoka prefecture of Japan, operates a poly greenhouse where they provide strawberry…

 

Read more >>

COCOPEAT

19 February 2020

作物の品質が安定する「根」環境の整え方

安定した品質の作物を栽培するためには、健康な「根」が必要です。そのためには「根環境」を意識し、培地を最適な状況にすることはとても大切です。根環境を整えるためには、…

 

Read more >>

COCOPEAT

09 January 2020

ココピートを再使用する3つのメリットと再使用を決めるプロセス

ココピート製品は、一作のみではなく何作も「再使用」される場合が多々あります。ココピート製品の再使用には、経済的にも環境配慮の側面でもメリットがありますが…

 

Read more >>

COCOPEAT

30 December 2019

山積みココピートの「取り出し方」で品質が変わる!?

ココピート製品の品質は、山積みにされたココピートからの「取り出し方」でも変わることをご存知でしょうか?現地に工場があり、サプライヤーと密なコミュニケーションを…

 

Read more >>

COCOPEAT

20 December 2019

ココピート製品の「色」で特徴や品質を見分けましょう

ココピート製品の「色」について考えたことはありますか?ココピート製品を観察すると「黄色」「茶色」「黒色」と色の違いがあることがわかります。ではそれらの色は…

 

Read more >>

COCOPEAT

10 December 2019

製造工程からわかる!ココピートの品質の違い【インド・サプライヤー編】

ココピート製品の多くは、インドやスリランカで製造されています。現地サプライヤーから工場に運ばれるまでの「ココナッツ殻から…

 

Read more >>

COCOPEAT

28 November 2019

ココカラココピートの製造工程|高品質を維持し、働き手と地球に優しい仕組み

近年、世界的に「環境に配慮して農業に取り組む」ことが課題となっています。栽培方法だけでなく、使用する農業資材が製造される工程における…

 

Read more >>

COCOPEAT

30 October 2019

ココピートを選ぶ3つの基本。
安定収量を実現するための選定基準と見極め方

園芸培土(培地)としてここ数年で使用農家が増加傾向にあるココピートですが、新たな製品であるため製品情報が少なく、よい品質を選ぶ基準が…

 

Read more >>

COCOPEAT

22 October 2019

有機培地ココピートとピートモスの特徴と使用上の注意点

施設園芸など養液栽培において、園芸培土(培地)は栽培の要の一つです。培地の種類は多様で、その中でもココピート、ロックウール、ピートモスがよく使われています。現在は…

 
Read more >>

COCOPEAT

14 October 2019

ココピートとロックウールの違いとメリット・デメリットとは

施設園芸など養液栽培において、園芸培土(培地)は栽培の要の一つです。培地の種類は多様で、その中でもココピート、ロックウール、ピートモスがよく使われています。現在は…

 
Read more >>

PAGE TOP