施設園芸・植物工場展2021【GPEC in 愛知】でココカラ製品が展示されました

施設園芸・植物工場展2021【GPEC in 愛知】でココカラ製品が展示されました

2021年7月14日(水)~16日(金)、施設園芸・植物工場展2021(GPEC)が愛知県の中部国際空港(セントレア)に隣接するAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で、開催され、3日間で、のべ人数16,000名以上と、コロナ禍にありながら、多くの来場者が訪れました。

スマート農業や環境負荷の低減のための製品が並ぶ

ロボット、AI、IoTなどのスマート農業やアグリテック製品が目立つ展示が多くありましたが、同時に環境制御や養液栽培システム、栽培管理作業など技術が確立し、実用化されている製品やシステムの展示も多々ありました。

最適なタイミングで最適な量の、肥料成分や二酸化炭素、水などを施用することが、効率化や省力化につながります。その結果、コスト削減になり、ひいては、それが環境負荷の低減につながると謳われていました。

適した資材を使用して、効率的に栽培することは、経営上のコスト削減だけでなく、環境への負荷軽減にもつながります。

株式会社 大仙様のブースでココカラ製品と説明パネルを展示して頂きました

温室、ビニールハウス、採光建築のトップメーカーであり、愛知県豊橋市が本社の株式会社 大仙様の青色を基調として温室をイメージさせるスタイリッシュな展示ブースにて、ココカラのグローバッグを展示して頂きました。

 

展示パネルでも、0.5mm以下のダストを除去していること、熟成したやしがら原料のみを使用していること、膨張速度や品質が安定していることなど、ココカラ製品「コイヤーピット」の特長をわかりやすくご説明頂きました。

ヤンマーホールディングス株式会社様のブースでココカラ製品をご活用頂きました

大阪市が本社のヤンマーホールディングス株式会社様(グループ会社であるヤンマーアグリジャパン株式会社様、ヤンマーグリーンシステム株式会社様、ヤンマーエネルギーシステム株式会社様と共同出展)のインパクトあるブースでも、ココカラ製品をご使用頂きました。

ブースには、発泡スチロール製の断熱送風栽培槽を使ったいちごの高設栽培システムがされており、その培地としてココカラのグローバッグをご使用頂きました。このシステムは、効率よくいちごの株元の温度管理ができ、夏季の生育を安定化させることができます。

また、つりさげ式のいちご栽培の展示にも、ココカラのヤシガラ培地「コイヤーピット」を選択頂きました。ココカラのコイヤーピットは、従来のココピートと比較して、軽量であるため、つりさげ式栽培にも適しています。

 


 

ココカラでは、ココピートの活用方法やココピートを導入された農家様の事例、弊社の取り組みなどをお届けするメールマガジンを配信しています。

エコで高品質なココピートによって、世界中の農業生産者が安定して生産できる環境づくりへの貢献と、それによって農業生産者の生活を豊かにしていくことを目指し、農業就労者の方に役立つ情報を発信をします。

 

メールマガジンのお申し込みはこちら

PAGE TOP