ココピートのバッファリングによって起きている生産国での環境問題

ココピートのバッファリングによって起きている生産国での環境問題

ココピートに吸着した成分の不均一性を調整するために、前処理として、バッファリング・アク抜き・塩抜きがあります。ココピート製品の前処理は、安定した栽培や収量を得るために重要です。

しかし、バッファリングに関しては、生産国への環境配慮、そこに住む人々への配慮という観点で今後検討していく必要のある課題があります。

ここでは、生産国に起きている課題、そしてココカラが生産者さまと実現できるサステナブルな栽培方法についてお伝えいたします。

原産地インドでの、バッファリング処理による環境汚染

現在、インドやスリランカなどの生産地でココナッツをバッファリングした場合、栽培地での窒素排出量には加算されていませんが、バッファリング工程では、年間8kg/haの窒素酸化物を含む水(44m²/ha)が排出されます。

ココピートの原産地であるインドやスリランカでは、洗浄後の排液が地下水に混入し、深刻な環境汚染問題に発展しています。

これは、地下水だけでなく、現地の農業活動や住民の生活にも影響を与えています。

例えば、排液が土壌に浸透しEC値が上がると、農作物の生育が悪くなります。

また、インド地方の農家では、地下水を使用している生産者も多く、土壌に排液が浸透した汚染水を使用せざるを得ない状況です。これは、農作物への影響だけでなく、健康被害にも悪影響を与えます。

また、この排液は海水へも流出し、海水汚染の一つの原因となり、漁業への収穫量やそれを摂取する消費者への影響も懸念されています。

水の大量消費による、生産国インドに住む人々への配慮

バッファリングやココピートの洗浄では、大量の水を使用しています。インドにおいて水は、特に「限り有る資源」です。日本のように水量が潤沢でなく、40度、年によっては45度を超える夏もある国です。

13億人の人口ボリュームから見ても、一人ひとりに割り当てられる水量は限られています。

特に、貧困層が住むエリアでは、雨量が足りない猛暑には断水が実施される年もあります。農村部では、地下水が枯渇すれば当然、生活用の水不足も発生します。

生活するための水を失う可能性があるという環境下にいる人々が一低層存在しているのが、インドの現状を鑑みても、水は生産国の方々の命をつなぐ大切な限り有る自然資源です。

ココカラのイノベーションでお客様と生産国の双方にとってサステナブルな仕組みを提供したい

ココカラでは、現在、お客様のニーズに合わせて、硝酸カルシウムでバッファリングしたココピート製品を提供しています。しかし、インドの環境面や、サステナブルなココピート製品生産を考慮し、可能な限り日本国内でのバッファリングを生産者の皆さまにお願いしています。

それだけでなく、現在ココカラでは、水を使用せずにECを下げる技術や、微生物を使用してECを調整する方法などを、インドR&Dチームで、研究開発を進めています。

ココカラでは、ココピートを使用する生産者の皆さまには「もっとラクな農業」をご提案できるように、そして、生産国のインドへは「よりよい生活」を提供できるよう、水量を減らした洗浄技術などを含めたイノベーションによる課題解決を目指しています。

ココピート培地を使って安定した栽培や収量を得るためには、バッファリングなどの前処理技術は重要です。しかし、オランダなどヨーロッパでは、窒素排出量の規制が細かく定められており、生産者はこれらを計算しながら窒素排出量が少ない栽培を心がけています。

わたしたちも、原産地における環境面やそこに住む人々の生活に考慮し、サステナブルな栽培方法を選択していきませんか?


 

ココカラでは、ココピートの活用方法やココピートを導入された農家様の事例、弊社の取り組みなどをお届けするメールマガジンを配信しています。

エコで高品質なココピートによって、世界中の農業生産者が安定して生産できる環境づくりへの貢献と、それによって農業生産者の生活を豊かにしていくことを目指し、農業就労者の方に役立つ情報を発信をします。

 

メールマガジンのお申し込みはこちら

PAGE TOP