【キュウリ導入事例】キュウリ部会内のグループで情報共有。ココピートを使った隔離栽培で結果は出せるのか 茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」vol.3

【キュウリ導入事例】キュウリ部会内のグループで情報共有。ココピートを使った隔離栽培で結果は出せるのか
茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」vol.3

茨城県筑西市でキュウリを栽培し、共販出荷をしている3名が、隔離培地を使ったキュウリ栽培に取り組んでいます。

毎日、お互いに生育状況を報告し合いながら、栽培管理などの改善を続けています。また、新しい農業資材を試して、「地域のキュウリ栽培にとって良いもの」であれば、結果を出すことで、地域に普及され、貢献したい!と、熱い想いをもっているお三方の、改善のプロセスを教えていただきました。

尾見さん(右):ココカラグローバッグTP4を2020年7月より使用
谷中さん(左):土耕栽培から隔離培地への変更を検討中
大嶋さん(中):土耕栽培

Q:隔離培地でキュウリ栽培をされている方は、特に関東では少ないそうですが、疑問点などは誰に聞くのでしょうか。

尾見:インターネットか、大学の先生ですね。あとは、ココカラの大原さんにも相談しました。

大嶋:隔離培地をやるとしたら、教えてくれる人がいたらいいですね。定期的にまわってくれる人がいればありがたいです。

尾見: 農業は環境、管理、生育じゃないですか。その3つをフォローしてくれる方がいれば、完璧です。

Q:尾見さんは、他のキュウリ農家のデータを見て、アドバイスできるのでしょうか。

尾見:今は、データだけでもアドバイスできる部分も十分にあると思います。でも、100%じゃないから、現場に行かないと言えないものもあります。

谷中:水のつまりしかり。

尾見:「水足りないですよー」ってずっとアドバイス言っているけど、現場みないと原因はわからないままですよね。データだけだと、そこまでは一緒には探れない。

谷中:意外と原始的なところだった。

尾見:僕らキュウリ生産者4名で、LINEグループのアルバムを作って、毎日、地上部と地下部の根っこの状況の写真を撮って、送りあっているんですよ。

大嶋:2日に1回くらい写真や映像でみんなの圃場を見てるんですけど、実際に見ると、やはり印象が違いますね。

Q:栽培状況の共有方法などについて教えてください。

尾見:GoogleのDOCSで生育調査をやっています。1週間ごとに、どれだけ伸びたかとか、エネルギー(暖房や灯油)をどれだけ使ったかとか。あとは、日射、水、窒素投入量、最低最高温度、平均気温などを共有しています。

大嶋:それらを同じグラフで比較しています。

尾見:エネルギーを投入したのに、積算温度や収穫量がとれてなかったら、そのエネルギーは無駄になってない?って。それを比べようと思ったことがきっかけです。例えば、エネルギ―を投入して温度を上げているのに、温度が高過ぎて、光合成でできた糖がうまく転流せずに、果実の方に糖が届いていないことがあります。「良いと思ったエネルギーが無駄になって、それで収量も減ったよね」みたいな。

Q:データのどこを注視していますか?

尾見:温度や湿度、その他重要と言われているもの全部です。でも、特に今は、お金がかかる重油と灯油を使う「温度」と「CO2」ですね。重油料金は、1日当たり500円くらいかかります。1割でも減ればいいですよね。

Q:同じグラフで比較すると、改善点は見えてきますか?

尾見:ある時期に収量が落ちたら、その時期に何か改善点あるはずだね、と探ります。大嶋さんの例をあげると、午後の温度が他の2人より低い時期があったんです。

大嶋:去年のちょうど今の時期(12月)ですが、天蓋開け過ぎていて。葉っぱの感じとか、何年か悩んでいたのですが、自分一人ではわからなかったんです。比較することで気づかせてもらえました。

尾見:平均気温を報告していて、「平均気温が低いのはなんで?午後の温度が低いし、湿度も低いのはなんで?」と探ると、上の窓が空いてるからということがわかったんです。

谷中:プロファインダークラウドを使うと、グラフを3つ比較できます。同じ日の同じデータを他の人と比べて、どちらがいいのかなと検証できます。

Q:この情報共有をする会は、クローズドですか。

尾見、谷中、大嶋:興味があって、来る分にはウェルカム。全然、なんでも教えます。

尾見:一緒にデータを取ってくれるなら、隔離培地の失敗談とかも話します。

大嶋:でも、無理には誘わないです。

谷中:変わることは怖い場合もありますからね。

Q:皆さんが隔離培地でうまくいっているのを見たら、周りの考えも変わるのでしょうか。

大嶋:逆に言えば、色々やって結果を出したいです。結果が出ないと説得力がないので、とりあえず結果を出したいです。

谷中:CO2(二酸化炭素施用装置)の導入も大嶋さんが一番早かった。

尾見:みんなが「何でこんなにたくさん採ってるんだ?」って。

大嶋:最初は導入したことを誰にも言ってなかったんです。

尾見:隔離培地も、今二次ブームかなと思ってます。どんなにいい農業資材でも、一度ダメだと思われたらみんなは使わなくなってしまいます。炭酸ガスも、今は第三次ブームでみんな入れるようになりましたけど…。

大嶋:炭酸ガスに関しては、今までは使い方を間違えていて、「入れたら悪くなった」と言われて廃れてしまってたんです。あるメーカーが、オランダから持ってきて「いい!」ということで一気に広まりましたね。

尾見:一度失敗しちゃうと、どんなにいい資材でも「やらない」ってなってしまいます。

谷中:よくないイメージがついてしまう。

尾見:ECの濃度一つでも結果は変わるんで。その情報がないと「いらない」で終わっちゃう。隔離培地を導入した時に、見学にきた人たちがいましたけど、「写真撮って広めないで」とお願いしていました。もし、僕が失敗したら、写真を見た人が「いいけど、失敗した」と思っちゃうと嫌なんです。「結果が出るまでは広めないでください」って言ってましたね。結果を出すことがすべてですね。

大嶋:エリアで一人成功者作れば、農業資材は売れます。新しいことはみんな様子を見てるんで。いい!となったら広まります。

尾見:もし、谷中くんがココカラのココピートを入れて、2件目できたら、3、4、5とポンポンポンっといくよね。

尾見さん、谷中さん、大嶋さんの挑戦はまだまだ続きます。

▼過去記事

茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」vol.1
【キュウリ導入事例】ECの変化に気づかなかったら「ココピート最悪!」と思ったままだった。

茨城県筑西市キュウリ栽培農家の「培地座談会」Vol.2

「【キュウリ導入事例】ココピート培地でキュウリ栽培をするために準備すること。」

会社名 Omifarm
生産地 茨城県筑西市
お話をお伺いした方 代表 尾見喜信さん
20代はコンサルティング会社・公認会計士事務所勤務
30歳のころに東日本大震災を経験し就農を考えた
32歳で就農 現在営農7年目
公式ホームページ https://www.facebook.com/omifarm
栽培作物 キュウリ
栽培時期 7月定植 11月定植 年二作
栽培方法 養液栽培
導入製品 ココカラグローバッグ(TP4)
https://cococara.jp/product-kind/#growbag
規模 栽培面積60a(うち8aが隔離栽培)


 

ココカラでは、ココピートの活用方法やココピートを導入された農家様の事例、弊社の取り組みなどをお届けするメールマガジンを配信しています。

エコで高品質なココピートによって、世界中の農業生産者が安定して生産できる環境づくりへの貢献と、それによって農業生産者の生活を豊かにしていくことを目指し、農業就労者の方に役立つ情報を発信をします。

 

メールマガジンのお申し込みはこちら

PAGE TOP