ココピートで女性の多様な働き方をサポート

ココピートで女性の多様な働き方をサポート

 

2019 年のインド労働力調査によると、インドにおける就業率は、都市部では男性が53.0%なのに対して、女性は14.2%、また農村部では、男性の就業率が51.7%であるのに対して、女性は17.5%と大きな差があります。女性の就業はインドでは大きな課題で、ココピート製造はこの課題に大きく貢献しています。

インドにおける女性の就労状況

 

インドの農村部で就労している女性は17.5%で、そのうち半分以上が農業での自営業所得です。しかし近年は、農業に従事する女性が減少し、製造工場などの非農業分野への就業が増加しています。それは農業分野で技術革新が進み、農村部での『農業』と『非農業産業』を組み合わせることが注目されるようになったことも一因です。ココピート製品に関しても、ココナッツ農家により栽培され、今までは捨てられていたココナッツ殻を、非農業産業である製造工場で様々な形に加工し活用されるようになりました。その製造工程で、新たな雇用を創出しています。
 
インドの農村部では、女性は職場が近くであること、また暗くなる前に帰宅できることが仕事を選ぶ時の決め手となります。そのため農村部で女性が働ける場所を創出することは、とても大切なことです。

 

ココピート製造では女性ワーカーは

 

実際にインドにあるcococaRa自社工場とそのサプライヤーに、女性ワーカーについて伺いました。

 

好きな時に働きたいパート形態が主流

cococaRa自社工場には、正社員の女性ワーカーはいません。年間で100コンテナーを製造するサプライヤーの工場でも、10名の正社員がいますが、すべて男性で、女性雇用者30名に正社員はいません。いずれも女性の正社員がいない理由として、インドの農村部では、家事や自営業の農業の合間に、いわゆるパートのような雇用形態で働くことを望む女性が多いことがあります。『好きな時に、好きなだけ働きたい』という彼女たちの希望を叶えています。

 

賃金の価格交渉はよくあること

また正社員以外の賃金に関しては、ココピート1袋あたりの定額制で、完全歩合制が一般的です。定額ではありますが、ワーカーからの価格交渉はよくあることで、工場のオーナーは基本的にその要望に答えます。これはワーカー側も、無茶な価格交渉はせず、近隣の工場との価格差をベースに交渉するためです。また1袋あたりの定額であるため、契約書はありません。これは農村部では、男性の識字率が80.7%であるのに対して、女性は64.5%と低いことも関係しているでしょう。

 

1日の作業量はグループで決める

女性ワーカーの仕事は、主に袋からココピートを取り出し、所定の場所にベッドを作り、上から水をかけ洗浄することです。また一部、機械にココピートを入れてブロックに成形する仕事をする女性もいます。

 

女性の主な仕事であるベッド作り
機械にココピートを入れる仕事をすることもある

さらにその1日の作業量も、ワーカー自らの意志で決定します。具体的には、約10名の女性でグループを作り、女性リーダーを中心にコミュニケーションをとり、皆で作業量を決めます。グループごとに1人男性ワーカーがいて、力仕事は担います。ワーカーたちは、その日に集まった人数と自ら決定した総作業量で、1日の作業時間が決まります。

 

cococaRaがワーカーのために心がけていること

 

cococaRa自社工場は、正規雇用、日雇いワーカー問わず、製造に携わる人のために安心して働ける環境づくりを心がけています。具体的には以下のような取り組みを実施しています。

 

1. 正社員とその家族は家賃が無料

インドでは特殊な事情があり、工場の敷地内に正社員が居住していることがあります。自社工場も同様で、もちろん家賃は無料です。またその家族である女性も、仕事が多い時や彼女たちが望む時に女性ワーカーとして工場で勤務しています。

 

2. ワーカーが困っている時は食料品を支給

自社工場のオーナーは、ワーカーの仕事がない雨季や、彼らが生活に困っている時には、お米や野菜などの食料品を支給しています。

 

3. 必要に応じて金銭面もサポート

何らかの事情で1週間仕事がない場合も、自社工場のオーナーは金銭面のサポートをしています。

 

4. 労災補償も導入

自社工場で、万が一怪我などの事故が起こってしまった場合は、ワーカーに6ヶ月間分の休業補償や、通院費などをサポートしています。

 

インドにあるcococaRa工場や、サプライヤーとして取引がある工場のオーナーにとって、工場で働いている人は『ファミリー』です。お昼休憩も皆でとりますし、『神様の日』には機械を早めに止めます。驚くことに、危険でない仕事の場合、赤ちゃんを抱きながら仕事をする人もいます。オーナーは、『家族のような』ワーカーが困った時は、あらゆる側面から生活のサポートをしています。

 

cococaRaインド工場の課題

 

ただし女性に限定せず、ワーカーの労働環境に関する課題も残ります。

 

1. 蓄積されないノウハウ

特に女性ワーカーに、ノウハウが蓄積されないことが課題です。女性の識字率の低さなどから、女性の仕事が限定されていることも事実です。しかしcococaRaは、現地インドでの仕事を通じて、女性の地位向上も目指したいと考えています。

 

2. 限定的な正社員数

女性の正社員がいないことも課題です。現実には、長期間勤務するよう依頼しても途中で消息を絶ってしまったり、祭事に行ったまま帰ってこないことも多々起こります。そのため女性の正社員の雇用については、これからも彼女たちの希望に合うように、話し合いながら決定してことが大切だと考えています。
 
欧米人がオーナーの生産工場では、正社員が約半数を占めます。現在cococaRa工場も、正社員数は常時7名で50%ではありますが、今後は正社員率を70%まで増やしていきたいと考えています。
 
インドの女性ワーカーの働き方は、私たちが想像しているよりもはるかにフレキシブルで、働く側に裁量権があります。ココピートの製造に関わる仕事は、自由がきいて、危険が少なく、女性ワーカーにとっても、とても働きやすい環境にあるようです。cococaRaはこれからも、女性ワーカーも男性ワーカーも安心して働ける環境を作り続けていきます。

 

<参考サイト>

 

PAGE TOP