インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?③ サプライヤーで品質が変わる?

インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?③
サプライヤーで品質が変わる?

 

日本に輸入されるココピート関連の製品は、2000年以降8〜9割をスリランカ産が占めています。これは、タワシの原料としてココ繊維をスリランカから輸入していた歴史的 背景と、商品単価が他国の製品と比較して安価な点が理由です。実はスリランカ産のココピートの輸出先の30%は日本で、あとは中国とアメリカです。
 
農業先進国であるヨーロッパはインドから輸入しています。cococaRaもインド産のココピート製品を現地で製造し、販売しています。
 
今回は3回シリーズで、実際に現地を視察し得た情報をもとにインド産とスリランカ産のココピートの違いをさまざまな側面から解説します。第3回は、インドとスリランカのサプライヤーと現地工場における状況と、品質への影響について説明します。

サプライヤー数の違いが品質に影響する?

 

インドとスリランカでは、現地工場に原料を納品するサプライヤーの数が異なります。サプライヤーの規模が、インドは大きく、スリランカは小さいことも影響しています。視察したスリランカの工場に関して言えば、一つのココピート製造工場は40前後のサプライヤーから原料を仕入れています。現地工場では、サプライヤーから供給された袋に入った山積みのココピートの水分率を、ランダムにチェックをしていました。しかしサプライヤー数が多いため、すべての品質を十分に把握できていません。

 

スリランカの品質確認。ランダムに行なっていた。

インドにあるcococaRaの自社工場は、2社のサプライヤーから原料を仕入れています。サプライヤーの数が少ないこともあり、それぞれの品質や特徴も理解しています。さらにサプライヤーが山積みで保管してある場所まで、品質の確認に出向いています。

 

インドのサプライヤーまで出向いて、品質を確認する。

サプライヤーの機械化

 

またサプライヤーの規模だけでなく、機械化もインドとスリランカでは大きく異なります。インドはサプライヤーも大規模で、機械に十分な投資ができます。そのため作業の機械化が十分に進んでいます。一方でスリランカでは、小規模なサプライヤーが多く、手でハスクを入れ込むような簡易な機械で作業をしています。これが原因で、工場への供給が遅れることもしばしばあります。またサプライヤーは屋根が不十分な場所も多く、雨季には作業ができず、工場が原料を貯蔵している場合もあります。スリランカでは、8月〜12月が雨季ですが、近年は3月〜5月も雨が多くなっています。そのため工場が原料の貯蔵をしていない場合、8月〜12月まで製造が出来ず、9月に受けた注文の納期が4月になってしまう場合もあるそうです。

 

インドのFIBER MILLの様子。機械化が進んでいる。
インドのFIBER MILLの様子。機械化が進んでいる。
スリランカのFIBER MILLにある機械。ワーカーにとっても安全とは言えない。

インドはサプライヤーも比較的大規模で、機械化が進んでいるため、安定した原料の供給ができます。さらに少ないサプライヤーから原料を仕入れるので、工場での品質チェックが容易で、品質も安定していることが特長です。
 
インドとスリランカのココピートに関して、今回は「チェック体制」について説明しました。ご興味がある方は「第1回:製造方法の違い3点」と「第2回:価格差が生じる理由」もご一読ください。

 

PAGE TOP