インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?② 価格差が生じる理由

インド産とスリランカ産のココピートは何が違うの?②
価格差が生じる理由

 

日本に輸入されるココピート関連の製品は、2000年以降8〜9割をスリランカ産が占めています。これは、タワシの原料としてココ繊維をスリランカから輸入していた歴史的 背景と、商品単価が他国の製品と比較して安価な点が理由です。実はスリランカ産のココピートの輸出先の30%は日本で、あとは中国とアメリカです。
 
農業先進国であるヨーロッパはインドから輸入しています。cococaRaもインド産のココピート製品を現地で製造し、販売しています。
 
今回は3回シリーズで、実際に現地を視察し得た情報をもとにインド産とスリランカ産のココピートの違いをさまざまな側面から解説します。第2回は、インドとスリランカのココピート関連業界の違いから生じる価格差について説明します。

加工工場とサプライヤーの規模

 

インドとスリランカのココピート業界の一番大きな違いは、ココナッツ加工工場、繊維加工会社、ココピート加工工場の規模です。

 

ココピート製品が出来上がるまでの流れ

まずはココピート製品が完成するまでの流れについて説明します。

 

  • ココナッツオイルやココナッツパウダー製造工場で、ハスク(ココヤシ殼)が不要になる。
  • FIBER MILLで、工場から運ばれたハスクからココピートとココナッツ繊維を分別する。
  • ココピート加工会社で、ココピートを洗浄・乾燥させる。
  • ココピートを熟成させる。ベッド製造と呼ばれている(この工程はインドのみ)。
  • ココピート製品製造工場に、加工されたココピートが運ばれ、製品になる。
  • ②③④の工程を一箇所で行うことができる。

 

小規模工場が多いと、輸送コストがかかる

ココピート製品の製造の流れをふまえて、インドとスリランカの違いを解説します。インドの場合は、食用のココナッツ製造工場(①)の規模が大きく、残りかすでありココピートの原料であるハスク(ココナッツ殻)を、まとめてFIBER MILLに輸送できます。そこでハスクから繊維と粒に分ける工程(②)、ハスクの洗浄・乾燥(③)、ココピートの熟成(④)までを行います。要するに②③④の工程を一カ所で行うことができます。そのため輸送の回数が少なく、コストがかからず、安く製造することができます。
 
一方でスリランカでは、ココナッツ製造工場(①)の規模が小さく、ハスクから繊維と粒に分けるFIBER MILL(②)も小規模で数が多くあります。またハスクの洗浄・乾燥をする工場(③)も小規模多数で、すべての工程が違う場所で行われます。このことから分かるように、少量の原料を多くの場所に何回も輸送するため、輸送コストがかかってしまいます。また関わる工場が多いため、生産に遅れも生じがちです。

 

インドのサプライヤー。きちんと管理されている。
インドのみ行うココピートを熟成させる工程(ベッド製造)
スリランカでは、手作業をする小規模サプライヤーが多い。

価格が高い=品質が高いとは限らない

原料のみを比較すると、インドよりスリランカの方が高くなります。しかしこれは輸送コストが起因しており、価格の高さが品質の高さとイコールではありません。

 

ヨーロッパのココピート製品販売会社の動きで価格は変動

 

ではなぜ日本では、スリランカ産のココピートの方がインド産のココピートより安く販売されているのでしょうか?その答えは、ヨーローッパのココピート製品を販売する会社の動きにあります。
 
ヨーロッパではスリランカ産ではなく、インド産のココピート製品が使われています。その理由は、インド産の方が品質が高いからです。ヨーロッパのココピート製品を販売する会社は、1社の規模が大きく、大量にココピートを買い占めます。彼らは高品質なインド産を求め、平均の価格より少し高く買い取ります。そのため日本のように一つの会社の購入量が少ないと、なかなか手に入れることが難しいことも実情です。このような事情で、品質の違いと、ヨーロッパ基準の高品質なインド産のココピート製品は日本ではなかなか手に入りにくいことから、インド産はスリランカ産を比べて価格が高くなります。
 
しかしインド産のココピート製品は、ヨーロッパでもスタンダードであることからも分かるように、品質が高いことが特徴です。cococaRaはインドにある自社工場と長く付き合いのあるサプライヤーから原料を購入しており、高品質なインド産のココピートを日本で提供できます。
 
インドとスリランカのココピートに関して、今回は「価格差が生じる理由」について説明しました。次回は、チェック体制について解説します。ご興味がある方は「第1回:製造方法の違い3点」と「第3回:サプライヤーで品質が変わる?」もご一読ください。

 

PAGE TOP