知っているようで知らない、ココピートとロックウールの違い

知っているようで知らない、ココピートとロックウールの違い

 

施設園芸など養液栽培において、園芸培土(培地)は栽培の要の一つです。培地の種類は多様で、その中でもココピート、ロックウール、ピートモスがよく使われています。現在はその使い方や特性などが少しずつ知られてきていますが、適切な使用方法や製品ごとの特性を正しく理解されている方が多くないことも現状です。そこで、ココピートとロックウールの違いや使用するメリットについて詳しくご説明します。

ココピートとは?

 

ココピートとは、ココヤシのハスク(中果皮)を原材料として、0.1〜10mmに粉砕した粒を利用した有機培土です。主な生産国はインドやスリランカで、有機質100%であること、高い保水性であることから、多くの国で使用されています。用途や使用する場所に合わせて形状を変えることができます。

 

ココピート栽培に適した作物

ココピートは施設園芸で培地として使用されるだけでなく、土壌改良剤として土壌にすき込むなどさまざまな用途で使われています。しかし、どの作物にも同じココピート製品を使用して良いわけではありません。例えば、土壌改良剤にはココヤシの繊維の部分から、粒状のダストの部分までが混在した製品を使用しますが、いちご、トマト、パプリカ、きゅうりなどの養液栽培で培地として使用する場合には、作物に関しては繊維状や粒状の部分は含まれていない製品を使用する必要があります。(詳しくはこちら)

 

ココピートを使用する4つのメリット

ココピートを使用するメリットはさまざまですが、特に注目するメリットが4つあります。

 

  • 使用後の廃棄処分が容易でサステナブル
    ココピートは100%有機培土のため、畑にすき込んで土壌改良剤として再利用ができます。また、堆肥にして販売している方もいます。
  • 比較的安価
    ロックウールと比べ、安価で購入できます。また、廃棄処分に関しても、基本的には無料です。業者に引き取ってもらう場合でも、ロックウールより比較的安価に処分ができます。
  • 2年間は同じ培地を使用できる
    培土を補充すれば5年以上、しない場合でも2年間は同じ培地を使用できます。
  • 環境にやさしい
    ココピートはヤシの生産物の残さを利用しており、環境に配慮した製品です。

 

ココナッツ殻

ロックウールとは?

 

一方、ロックウールは玄武岩や天然岩石などを1500〜1600℃の高温で溶解し、遠心分離により繊維状に固めた無機培土です。化学的に不活性であることから、培養液の組成にほとんど影響を与えません。そのため、注入した養液や水が作物に直接的に影響を与えるので、栽培管理がしやすいことが特長です。ただし、水を与えすぎると過湿になるため、循環型では排水対策をきちんと行う必要があります。
 
また、非循環型においては、肥料成分が外部に放出され環境汚染につながることを懸念しなくてはいけません。ロックウールを使用する場合は、最先端の環境制御システムやドリップかんがいシステムなどで綿密かつ適正に管理をする必要があります。

 

ロックウールを使用する3つのメリット

ロックウールを使用するメリットの中でも、特に注目するメリットを3つ解説します。

 

  • 歴史が長い
    1970年代後半からオランダを中心に普及し、日本には1980年代に導入されました。歴史が長いため、多くの実証実験や研究がされています。
  • 最適な環境を作ることができる
    最大で90%の植物が吸収できる水を保持できるので、細かい栽培管理をすれば、気候や植物に合わせて最適な環境を作ることができます。
  • 均一性が高い
    無機培地のため、肥料が吸着しません。そのため、スラブが飽和している時の潅水の組成と、スラブ内また初期の排液の組成が安定します。

 

ロックウールの廃棄処理方法

ロックウールを使用する場合、最も課題になるのは使用した後の処理方法です。一般的な方法は、専門業者に委託して埋め立て処理をします。ただし、非常にコストがかかる上に、環境に配慮した方法とは言えません。委託の上リサイクルをする方法もありますが、こちらも運搬費を含めて高額です。また、近年都道府県によっては、委託の価格が上がっているところも多くあり、経営を圧迫する場合があります。

 

ロックウール
PAGE TOP